15日、アクションスターのドニー・イェンが、ハリウッドにあるチャイニーズシアターに手形と足形を刻むことになった。写真はドニー・イェン。

写真拡大

2016年11月15日、アクションスターのドニー・イェン(甄子丹)が、ハリウッドにあるチャイニーズシアターに手形と足形を刻むことになった。香港01が伝えた。

【その他の写真】

前世紀から世界の著名な映画スターが手形や足形を残してきたチャイニーズシアターに、新たにドニー・イェンが加わることになった。今月30日(現地時間)、そのセレモニーが行われる予定だ。

2008年に第1作が公開された人気シリーズ映画「イップ・マン」で、中華圏トップのアクションスターと認められるようになった。ハリウッドとも早くから縁があり、鬼才クエンティン・タランティーノ監督もドニーのファンで、その後押しにより1993年に主演映画「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・チャイナ外伝/アイアンモンキー」が米国公開された。また、その名を最も知らしめたのは、2002年公開のチャン・イーモウ(張芸謀)監督による武侠映画「HERO」。さらに、今月16日から全世界公開となる「スター・ウォーズ」シリーズ最新作「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」にも出演している。

手形を残す栄誉を与えられたドニー・イェンについて米メディアは、ブルース・リーの師匠を演じた「イップ・マン」シリーズの成功を称え、「この作品により、武侠アクション映画界で最も高い地位に上り詰めた」と紹介している。(翻訳・編集/Mathilda)