写真提供:マイナビニュース

写真拡大

公益財団法人 日本生産性本部「ワークライフバランス推進会議 〜生涯活躍と働き方改革を実現する民間運動〜」事務局は11月16日、第9回「ワークライフバランス大賞」の受賞組織を発表した。

大賞には、大日本印刷(東京都)、お佛壇のやまき(静岡県)の2社が選ばれた。大日本印刷では、組織と個人が連動した働き方改革と、従業員のキャリア形成・自己実現を支援していること、また、お佛壇のやまきでは、従業員の行動分析をもとに定時退社・休暇取得を徹底させ、業績向上につなげていることが評価された。

さらに、優秀賞には野村総合研究所(東京都)、コネクシオ(東京都)、医療法人社団 恵心会 京都武田病院(京都府)、三洋商事(大阪府)、沖ワークウェル(東京都)の5組織、奨励賞には京進(京都府)、有限会社ゼムケンサービス(福岡県)の2組織が選ばれた。

表彰式は12月13日、KKRホテル東京(東京都千代田区)で行われる。