『鋼の錬金術師』 (C) 2017 荒川弘/SQUARE ENIX (C) 2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

写真拡大

Hey! Say! JUMPの山田涼介主演で実写映画化される『鋼の錬金術師』。この映画の30秒特報が公式サイト内(http://hagarenmovie.jp)で初解禁された。

山田涼介主演で「鋼の錬金術師」実写映画化! ディーン・フジオカらが共演

原作は、2001年に月刊「少年ガンガン」で連載がスタートし、2010年に惜しまれながらも終了したマンガ家・荒川弘の代表作。幼き日に最愛の母親を亡くした兄エドワードと弟アルフォンスの波乱に満ちた冒険と成長を描いたもので、幼い2人は母を生き返らせるために“錬金術”最大の禁忌(タブー)“人体錬成”を行うが失敗。その代償として、エドワードは体の一部を、アルフォンスは体全てを失い、魂を鎧に定着させた体になってしまうというストーリーだ。

錬金術が存在するファンタジーな世界観は日本での映像化は不可能と言われ、ハリウッドでの映画化もウワサされた“ハガレン”を、『タイタニック』にもCGアニメーターとして参加した映像のスペシャリスト・曽利文彦監督の手により映画化する。撮影は “ハガレン”の世界観そのままの街並みが存在するイタリアで行われ、その後、日本国内に撮影地を移し8月下旬にクランクアップ。公開まで1年近くもの時間をかけて、現在CG映像を鋭意制作中だ。

初解禁された映像では、イタリアロケで撮影された壮大な美しい風景や、山田涼介が熱演する主人公エドワード・エルリックに加え、原作ファン待望の弟アルフォンス・エルリックの姿が! 本作に登場するアルフォンスは、日本映画では不可能とされていた最先端の技術で、全編フルCGのリアリティあふれる姿が制作される。さらには、錬金術によって生み出された何かがエドに襲い掛かる映像も収められており、兄弟の波乱に満ちた旅の始まりに期待が高まる。

『鋼の錬金術師』は2017年冬に全国公開となる。