15日、環球網は、日本の鹿児島県で女性を暴行した容疑で逮捕・起訴された男が、事件後に鹿児島県警に警察官として採用されていた事件について伝えた。写真は鹿児島。

写真拡大

2016年11月15日、環球網は、日本の鹿児島県で女性を暴行した容疑で逮捕・起訴された男が、事件後に鹿児島県警に警察官として採用されていた事件について伝えた。

記事によると、鹿児島市の無職・中井豪被告は2011年6月に市内の20代の女性宅に侵入して性的暴行を加えた疑いで先月逮捕された。中井被告は事件のおよそ3年後に同県警に警察官として採用され、数年間勤務した後に依願退職。今年10月に別の女性を暴行した容疑で逮捕されたことで発覚した。県警は「採用時には見抜けなかった」と説明しているという。

このニュースは中国でも話題になり、ネットユーザーからは「こんなことあるのか…」「おかしな国だ」「日本のこれがいいとかあれがいいとか言ってたけど、こんなもんか。中国と同じだな」「日本の警察って…」「民主国家でこんなことあるわけない。きっとデマだろう」といったコメントが寄せられた。(翻訳・編集/北田)