写真提供:マイナビニュース

写真拡大

PTCジャパンは11月16日、3D CADのCreoの最新版「Creo 4.0」を発表した。

新バージョンでは、Creo上で設計したデータを直接3Dプリンタで出力できる「3Dプリント機能」を搭載。これまで、モデルを3Dプリントするには複数のソフトウェアを使用して形状の作成・最適化、プリンタの要件に合致するかなどの検証をおこなう必要があったが、新機能により他のソフトウェアからのポリゴン形状の変換をCreo上で行えるため、デザインプロセスが効率化される。

また、アノテーションの作成が容易になったほか、幾何公差の作成をサポートする機能も追加され、より正確な表記が可能となった。さらに、デジタルツインを実現する機能を新たに搭載し、CAD上でセンサーの配置を検討できるほか、センサー経由でIoTプラットフォーム「ThingWorx」に接続し、製品を製造する前に検証できる。このほか、同社のAR(拡張現実)ソリューション「ThingWorx Studio (旧Vuforia Studio)」に直接データを出力する機能も追加された。

PTCは「Creo 4.0の改善機能は生産性を向上するだけでなく、IoTの可能性を最大化し、設計者のデジタルエンジニアリングをサポートするものです」とコメントしている。

(神山翔)