羽鳥:偶然の一致?

写真拡大

韓国を揺るがす朴槿恵大統領と友人の崔順実容疑者の疑惑事件とそっくりな韓流ドラマがあった。2年前に作られた「密会」で、こちらは天才ピアニストとピアノ教師のストーリーだが、あまりに似ているうえに、制作したのが今回の疑惑をスクープしたテレビ局JTBCだというので話題になっている。

裏口入学の娘の名前も同じ

ドラマには大学に裏口入学する娘も登場する。その名前がチョン・ユラと、崔順実の娘と同じだ。崔を思わす母親は占いで投資のアドバイスをし、文化・芸術系の財団に不正蓄財を指南して検察の捜査が入り、母娘は海外逃亡する。なぜかホストとのベッドシーンのおまけまである。結末は、証拠が入ったタブレット端末を海に流すというのだから、今回の疑惑がタブレットのスクープから始まったことからしても、なんとも意味深長だ。

司会の羽鳥慎一「2年前から事実を知っていてドラマにしたのか聞きました」

圧力かかるのでドラマ仕立てにした?

脚本家は「偶然の一致です」と答えたという。コリア・レポートの辺真一編集長は「とても偶然とは思えない。書けば圧力を受けるので、フィクションとして放送する手を使ったのではないか」と見る。

羽鳥「そこははっきりとわかりませんが、ドラマをしっかり観るとハーンと思いますね」