15日、中国消費者協会は国内でトラブルが相次いでいるiPhone6とiPhone6sのスマートフォンについて、アップルの中国法人に書面での問い合わせを行ったと明かした。資料写真。

写真拡大

2016年11月15日、中国消費者協会は国内でトラブルが相次いでいるiPhone6とiPhone6sのスマートフォンについて、アップルの中国法人に書面での問い合わせを行ったと明かした。中国新聞網が伝えた。

同協会は書面で、「バッテリー残量が50〜60%の状態で勝手にシャットダウンするとの相談が相次いでいる。システム更新をしても改善されず、シャットダウン後は充電器に繋がない限り電源をつけることはできない。iPhone6とiPhone6sの中国ユーザーは相当数おり、同様のトラブルを相談する人も多い」と説明した。

さらに、勝手にシャットダウンする原因の究明や電池に問題があるかどうかについて、消費者がアップルに同様の相談を行った場合の対応や、トラブルが拡大した際の補償などについて問い合わせた。報道によると、中国消費者協会はアップルの中国法人に対し、10営業日以内での返答を求めている。(翻訳・編集/内山)