写真提供:マイナビニュース

写真拡大

オリンパスは11月16日、自動車・航空部品の品質管理に必要な工業規格に対応したコンタミネーション解析システム「CIX100」を発売すると発表した。

自動車部品や航空部品などの工業部品の表面に付着した異物は、部品の信頼性・耐久性に影響を及ぼす可能性があるため、規定どおり洗浄が行われていることを検査することが必須となっている。これまでの検査は、検査対象となる油や液体をフィルターでろ過し、フィルターに残った異物の重さを計量する「重量法」が一般的であったが、昨今では、異物の粒子サイズの分類に基づいた汚染度測定方法がさまざまな工業規格で明示されており、異物の粒子形状や組成を分析することのできる「顕微鏡法」への需要が高まっている。

同システムは、工業部品の洗浄油・洗浄液内の異物測定向けに開発された顕微鏡システムで、光学性能の高い工業顕微鏡の筐体と、専用に開発されたソフトウェアにより検査における優れた再現性と安定性を実現。1回のスキャンで、金属異物と非金属異物の2種類の粒子を高感度で検出することができる。また、国際規格ISOをはじめとする16種類の工業規格に沿った顕微鏡検査や検査結果のレポート出力を、簡単な操作で行うことが可能。

同社は、同製品の導入を皮切りに、日本の工業部品の洗浄市場に参入していく考えだ。

(周藤瞳美)