11月17日(木)に放送される「Chef〜三ツ星の給食〜」第6話にゲスト出演する、ずん・やすとドランクドラゴン・鈴木拓(左から)

写真拡大

11月17日(木)に放送される天海祐希主演ドラマ「Chef〜三ツ星の給食〜」(夜10:00-10:54フジテレビ系)第6話に、ずん・やすとドランクドラゴン・鈴木拓の芸人コンビがゲスト出演することが明らかになった。

【写真を見る】ドラマ初出演を果たしたやすは「天海(祐希)さんと一緒にお芝居をさせていただくなんて…。申し訳なくて恐縮しています」

第6話では、光子(天海)が屋台のメニューに選んだ「鴨のコンフィ」が話題になる中、篠田(小泉孝太郎)は「ラ・レーヌ」の新店舗「ネオ・ビストロ・ラ・レーヌ」のオープンに向けた最終調整を行っていた。

一方、学校給食では荒木(遠藤憲一)が作った献立のオニオングラタンスープを巡り、光子と晴子(川口春奈)が衝突。光子は「子供たちも喜ぶ、最高においしいものを作れる」と張り切るが、そんな光子に対して晴子は「自分の方が特別なレシピを知っている」と言って譲らない。

晴子にとってオニオングラタンスープは特別なメニューだったのだ…。

やすと鈴木は、光子の屋台へやってくる“酔っぱらいサラリーマン”を演じる。

本作でドラマ初出演を果たしたやすは「天海さんと一緒にお芝居をさせていただくなんて…。申し訳なくて恐縮しています。現場が華やかですね。ここが芸能界なんだな…と思いました」とコメント。

また、鈴木との共演については「鈴木くんは熱心に台本を読んでいるのかと思いきや、台本の裏側のスケジュールばかり見て撮影が終わる時間を気にしてましたね(笑)。マイペースな拓くんのおかげで 肩の力が抜けました。今度は、2人で“月9”出演を狙いたいですね」と大きな目標を掲げた。

かたや鈴木も「せりふは一言だったんですけど、なぜかその一言が全然覚えられなくて…。でも、撮影の合間に天海さんや友近さんが話し掛けてくださり、少し緊張が解けました。天海さんとはお笑いの話などで盛り上がり、とても楽しかったです」と撮影を振り返った。

また「とにかく照明さんがスゴイんです…。あとは、僕以外のキャストの方の演技や、監督の演出などにぜひ注目してご覧ください(笑)」と自虐を交えて語った。

これまでにも、ずんの飯尾和樹や、ダチョウ倶楽部の上島竜兵などの芸人が出演してきた「Chef〜三ツ星の給食〜」。今後も、ゲスト出演する芸人たちの演技も見どころの1つになりそうだ。