装着イメージ。通話やメッセージのやり取りをハンズフリーで

写真拡大

ソニーモバイルコミュニケーションズは、耳に装着するコミュニケーションツール「Xperia Ear(エクスペリア・イヤー) XEA10」を2016年11月18日に発売する。専用アプリをインストールしたスマートフォンとワイヤレス接続し声やヘッドジェスチャーによる直感的な操作でスマホをバッグなどに入れたまま通話やメッセージの送受信が可能だ。

音声やヘッドジェスチャーで指示が可能

柔軟性のある素材を使用し、フィット感や軽量感を追求したという。

音声対話などを通じユーザーに情報を提供する「ソニーエージェントテクノロジー」と近接センサーの組み合わせで耳に装着したことを感知し、未読のSMS(ショート・メッセージ・サービス)や不在着信の有無、コミュニケーションアプリ「LINE」や「Facebook」のメッセージ、スケジュールやニュースなどの情報を音声で通知する。

また、メッセージの送受信や通話、ナビゲーション、情報検索なども音声で指示できるほか、加速度・ジャイロセンサーを搭載し、通話やメッセージの返信の希望に対し、首を縦/横に振るヘッドジェスチャーでの指示が可能だ。

対応OSはAndroid 4.4〜。A2DP/AVRCP/HFP各プロファイルをサポートする。

カナル型イヤーピース(S/M/L各1)、オープン型イヤーピース、耳への固定用アークサポーター(S/M/L各1)、充電機能を備えた専用ケースが付属する。カラーはグラファイトブラック。

市場想定価格は2万円前後(税別)。