サウジアラビア戦でも攻守でハードワークした原口。とりわけ40分の激走は印象深い。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 前半40分だった。原口元気が目を見張る“魂の激走”を見せる。
 
 敵陣ペナルティエリア手前で背番号8は、相手の右CBのハウサウィにプレスにいく。即座に横にいた右SBファラタにボールを回されるも、諦めずにそのまま自陣まで追い掛ける。
 
 ファラタはサイドに開いてきたFWアルサハラウィにパスを回したが、原口は食い下がって身体を寄せながら足を出し、ついにボール奪取に成功する。
 
 パスを受けた清武弘嗣は相手のプレスにあってボールを失うも、そのこぼれ球を長谷部誠が拾い、左サイドの空いたスペースにロビングパスを出す。
 
 これに反応したのは、なんとまたも原口。しかし、バウンドしたボールは勢いを増して前方に流れ、必死の形相で走ったもののゴールラインを割ってしまった。
 
 敵陣ゴール前から自陣、そしてさらに敵陣最後尾まで――。この“魂の激走”は、ゴールシーン以外でもっともスタジアムが沸いた場面だったし、テレビ観戦していたサポーターの心をも強く打ったに違いない。
 
 類稀な心肺機能と身体能力を備えたスーパーアスリートであるフットボーラーといえども、あれだけのスプリントを1分間弱のうちに繰り返すのは容易ではない。
 
 早くから天才少年として名を馳せ、浦和レッズに所属していた頃の原口は、良くも悪くも“ザ・ドリブラー”であり、少なくとも「献身」や「強さ」といった言葉を連想させるようなタイプではなかった。
 
 しかし、2014年のヘルタ・ベルリン移籍後は、プレースタイルが徐々に変貌。約1年前の独占インタビューで「ドイツでは全力で闘わないと使ってもらえないし、今はそれが自分の持ち味だと思っている」と語ってくれた通り、気持ちを剥き出しにしたプレーはいまや原口の真骨頂となった。
 
 さらに80分には、最終的には決勝点となるチーム2点目を決め、アジア最終予選で4試合連続ゴール。またもや決定的な仕事をやってのけた。
 
 このサウジアラビア戦でも攻守で見事に結果を残した原口。クオリティー(ドリブルやシュートでの決定的な仕事)とハードワーク(献身的なプレスやスペース埋め)を融合させた独自のプレースタイルを、完全に自分のモノにした印象だ。
 
 原口が「ハリルジャパン攻撃陣でもっとも頼りになる男」と呼ばれるまでになったのは、まさにそれゆえだろう。
 
取材・文:白鳥大知(サッカーダイジェストWEB)
 
【日本対サウジPHOTO】埼スタに集結した美女サポーター!