原口とは浦和でともにプレーした西川。後輩の成長ぶりを喜んでいた。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 グループ1位のサウジアラビアとの大一番で勝利の立役者となったのは、『サッカーダイジェスト』誌採点でもMOMに選出した原口元気だろう。原口は試合序盤から攻守に奔走しては、味方をサポートしただけでなく、80分には貴重な追加点をマーク。これで三浦知良と呂比須ワグナーを超える最終予選では前人未到の4試合連続ゴールを達成した。
 
 すでに日本代表に欠かせない存在となっている原口に対して、その成長ぶりを語るのが浦和時代の先輩である西川だ。
 
「今日、サウジアラビアに勝てたのは(原口)元気のゴールが非常に大きかったです。彼はチーム(ヘルタ・ベルリン)でも試合に出ていますが、常に危機感を持ってやっている。そういう点は彼とよく話をします。
 
 それに元気はプレーの質にもこだわり続けている。加えて負けず嫌いという面も昔から変わっていない。常に高い意識で練習や試合に臨んでいる分、レッズにいた時から間違いなく成長している。守備力も上がっているから後ろは助けられています」
 
 西川が語った“危機感”は、原口の成長の源なのだろう。それはロンドン五輪代表からの落選や、移籍したドイツでの苦闘、なかなか日本代表に定着できなかったこれまでの日々が、原口を駆り立てているのかもしれない。
 
 それだけに4戦連続ゴールを奪っても、さらに結果を残したいという想いは変わらないのだろう。ロシア・ワールドカップ出場を目指す日本代表にとって、頼もしい男が台頭してきたのは事実だ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)

【日本対サウジPHOTO】埼スタに集結した美女サポーター!