“ザックの遺産”ともいえる本田圭佑、香川真司、岡崎慎司(左から)はサウジアラビア戦で揃って先発落ちとなった【写真:田中伸弥】

写真拡大 (全2枚)

先発はフレッシュな顔ぶれ。“ザックの遺産”は不要になったのか?

 日本代表は15日、ロシアワールドカップアジア最終予選でサウジアラビア代表と対戦して2-1の勝利を収めた。結果次第で本大会出場を大きく左右する重要な一戦だったが、これまで代表を支え続けていた本田圭佑、香川真司、岡崎慎司の名前は先発メンバーになく、代わりに先発した大迫勇也、清武弘嗣、原口元気らが結果を残した。ザックジャパンの“遺産”とも言える3人だが、果たして今の代表チームでは不要な存在となってしまったのだろうか? そして、ハリルジャパンで彼らが生き残っていく道はあるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

---------------

「昨日と今日の練習ではホントに明日誰が出るのか分からない感じでやってますし、監督も緊張感を持たせてるのかなと思います」

 2018年ロシアワールドカップの行方を大きく左右する15日の大一番・サウジアラビア戦(埼玉)を前にして、キャプテン・長谷部誠(フランクフルト)は誰がスタメンで出てもおかしくない流動的な状況だと語っていた。

 迎えた当日、ふたを開けてみると、本田圭佑(ミラン)、岡崎慎司(レスター)、香川真司(ドルトムント)の3枚看板が揃って控え。こうした選手起用はアルベルト・ザッケローニ監督時代の2010年から6年間、一度もなかったこと。それだけエポックメイキングな出来事だった。

 彼らに変わる前線は、1トップに大迫勇也(ケルン)、2列目右に最終予選初先発の久保裕也(ヤングボーイズ)、トップ下に清武弘嗣(セビージャ)、左に原口元気(ヘルタ)。ロンドン・リオ五輪世代のフレッシュな陣容となった。清武はクラブでの出場機会が少ないものの、11日のオマーン戦(鹿島)で「試合勘問題なし」と判断されて先発するに至ったが、それ以外は所属先でコンスタントに活躍している面々ばかり。「できるだけよりよい選手を選ぶ」と語っていた指揮官はコンディション重視の現実的なメンバー選考をしたのである。

 その采配はズバリ的中し、前半のうちに清武がPKで先制。後半には原口が最終予選4試合連続となる値千金の追加点を挙げた。大迫は2〜3人のDFに囲まれてもびくともせずにボールを収めて起点を作り続け、前半45分間のみの出場だった久保もA代表初の大舞台とは思えないほどアグレッシブさを前面に押し出した。

 久保は前半22分に酒井宏樹(マルセイユ)のマイナスクロスに反応しフリーでシュートを打つ決定機も迎えていた。「強いシュートを打ちたかった」と本人も悔しそうだったが、新風を吹き込んだのは間違いない。清武のリズミカルなパス回し、原口の献身的守備と大胆な攻めを含め、前線4枚の迫力にはサウジも大いに圧倒されたはずだ。

不完全燃焼の3枚看板。代表に特別扱いなし

 後半頭から久保に代わって本田、後半20分から清武に代わって香川が出場。2人は原口の2点目にはかろうじて絡んだが、それ以外のプレーは物足りなさが見て取れた。本田の方は登場からわずか3分後にゴール前でフリーになる決定機を迎えたが、シュートはGK正面。33分、41分の得点機も決めきれず、「追い込まれれば追い込まれるほど結果を出す」というこれまでの勝負強さが影を潜めた。

 香川にしても、前線からの激しいチェイシングなど守備面での貢献度は高かったが、ボールを奪い切ることがなかなかできない。そこが原口との大きな違いだった。終盤には大迫と交代した岡崎も出てきたが、時間が短すぎて見せ場はほとんどなし。最終的に日本は大一番を2-1で勝ち切り、グループBの2位浮上に成功したが、3枚看板は不完全燃焼のまま、2016年最終戦を終えることになった。

「最終予選では自分自身が結果を残してる立場ではない」と香川が先発落ちにある程度の理解を示し、岡崎も「自分が代表で生きる道を探してきたけど、監督は納得していなかっただろうし、僕も1トップで点が取れていなかった。こうなる予兆は去年(2015年11月)のシンガポールくらいからあった」と厳しい現実を吐露。本田に至っては「みんなよかったんで、みんなに聞いてやってください」と具体的発言を避けるなど、3人はそれぞれ違った表現方法で苦境を受け止めている。

 2017年以降、彼らが一気に世代交代の波に飲み込まれるのか、踏みとどまるのか。その全ては、今後4ヶ月間のそれぞれの動向次第と言っても過言ではないだろう。

 サウジ戦でチーム最年長だった長谷部は「自分より3つ4つ下の圭佑、岡崎、真司が外されてるんで、明日は我が身という危機感もあります。この采配は『試合に出てコンディションがよくないと監督は使わないよ』っていう、各選手に対するすごくいいメッセージになったんじゃないかな」と神妙な面持ちで語ったが、クラブで試合に出てコンスタントに活躍しなければ、代表での出番は確実に減っていく。どんなに実績があろうとも、その現実からは逃げられない。特別扱いはない。その基準が改めて明確になったのがこの一戦だったのだ。

岡崎と香川はクラブで出場機会の確保を。本田は移籍も視野に入れるべき

 ハリルホジッチ監督も会見で「永嗣(川島=メス)、本田、岡崎、真司、全員が自分たちのクラブで厳しい状況にあるのは知っている。ただ、彼らには『先発を取り続けなさい。先発を取れるクラブに行きなさい』と繰り返し言った」とコメントしたが、このままの状態が濃厚な選手は移籍も視野に入れるしかない。

 特にヴィンチェンツォ・モンテッラ監督体制のミランで構想外に近い扱いを受け、今季セリエAでわずか3試合出場にとどまっている本田はより深刻に問題を捉えるべきだ。この冬の移籍市場でレンタルでもいいから新天地を求めることが、解決の近道なのは間違いない。

 香川と岡崎はそれぞれ出番を増やすための努力を重ねていくしかない。「次の最終予選の3月まで時間が空くということで、自分がやらなきゃいけないことがハッキリしたのかなと。今回得られたものは想像以上に大きかったんじゃないかなと思います」と香川が前向きに話したように、ドルトムントで明確な結果を残すしかない。

 さしあたって、香川は公式戦でまず1点を挙げるところから始めたい。今季これまでドイツで数多くの得点を重ねてきたアタッカーがいまだ無得点というのはどうしても見劣りする。その壁を破ることが第一歩だ。

 岡崎にしても今季のリーグ戦2点目、3点目とゴールをコツコツと積み重ね、前線での感覚をさらに研ぎ澄ませる必要がある。2009年から代表では1年間で3ゴール以上奪ってきた点取り屋が今年は2点で終わり、通算50ゴールにまたも足踏みした現実を直視しつつ、前進していくこと。それしか代表で生き残る道はない。

(取材・文:元川悦子)

text by 元川悦子