サウジアラビア戦で日本代表の攻撃の軸となっていた清武弘嗣【写真:Getty Images】

写真拡大 (全2枚)

ハイプレスに適した人選。間で受ける清武

 11月15日、ロシアW杯アジア最終予選のサウジアラビア戦に臨み2-1で勝利を飾った日本代表。本田圭佑、香川真司らがベンチスタートという状況で、先発出場した大迫勇也、原口元気、清武弘嗣らが躍動した。苦しい状況のなかで世代交代は進み、ハリルホジッチ監督の“らしさ”も見えてきた。(取材・文:西部謙司)

----------

 ホームのサウジアラビア戦は勝ち点3を狙うべき試合。オーストラリア戦のように引いて構えるわけにはいかず、高い位置からプレッシャーをかけなければならない。久保の先発起用は予想外だったが、ハイプレスに適した人選と考えられる。

 日本のハイプレスは効果的だった。サウジアラビアはビルドアップに苦しみ、ミスが頻発。日本は高い位置で奪ってハーフカウンターという流れを作ることができた。ボールホルダーには必ずプレッシャーをかけ、周囲の相手も素早く抑える。

 ただ、プレスをくぐられたときにスペースを抑えるのに失敗してピンチを招いたケースもあった。改善すべき点はあったとはいえ、この試合に関してはメリットのほうがはるかに大きい。

 攻撃の軸になっていたのは清武である。4-4-2で守るサウジアラビアは、4-4のライン間にポジションをとる清武を放置していた。清武へ縦パスを入れれば、難なくターンして前を向けた。

 また、大迫のボールの収まりが良く、サポートした清武が前向きにプレーする機会も多かった。バイタルエリアで清武が前向きにプレーできるのだから、フィニッシュまでの形を作るのはスムーズだった。

難しいやり繰りのなかで進んだ世代交代

「清武は60分以上もたない」(ハリルホジッチ監督)

 清武と交代した香川も負傷を抱えていてコンディションに不安があったが、サウジアラビアが空けてくれているスペースでの「間受け」には、うってつけの人材である。2点目の原口の得点のときには、香川らしいDFとDFの間へのポジショニングで長友のクロスを引き出し、少しボールに触って原口のシュートへつなげた。

 結果的に清武→香川のリレーは上手くいった。しかし、どちらもコンディションに問題のある選手を組み合わせなければならない苦しいやり繰りだったともいえる。本田も45分間限定。

「9〜11月がこのような状況になるとは想像していなかった。90パーセントの海外組がプレーしていない」(ハリルホジッチ監督)

 サウジアラビア戦のチームがベースになるのかという質問に対して、「(次戦のある)3月についても何も言えない」と答えているのは偽らざる心境なのだろう。一方で、そうした苦しい台所事情の中から大迫、清武、原口が台頭した。懸案事項の1つだった世代交代が進んだわけだ。

ようやくハリルホジッチ監督らしいチームに

 ようやくハリルホジッチ監督のチームらしくなってきた気がする。

 フォーメーションは4-2-3-1でほぼ固定、ブロックを形成してのカウンター狙いも一定。基盤を一定にする一方で、相手と試合の性格に応じて選手を入れ替えて変化をつける。メンバーを固定して熟成させるのではなく、ある程度までしか作り込まず、常に人選に変化をつけられるようにしておく。

 1つの形で押し通して圧倒しようとするのではなく、相手を分析して適応することで少しだけ上回る。僅差勝負を余儀なくされている今回の予選にはたぶん合っている。

 少なくとも1ポイントとるためのオーストラリア戦と違って、サウジアラビア戦は3ポイントとるためのプレーだった。今回は選手にも納得感のある戦い方だったので、求心力も高まったのではないか。

 折り返し地点の5試合目はやや納期遅れとはいえ、ようやく先の見える広い道に出られたかもしれない。

(取材・文:西部謙司)

text by 西部謙司