16日、トランプ氏が次期米国大統領に決まって以来その動向が注目を集めており、これまで米国が参加に消極的だった中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に関して、大統領就任後に参加する可能性が指摘されている。

写真拡大

2016年11月16日、トランプ氏が次期米国大統領に決まって以来その動向が注目を集めており、これまで米国が参加に消極的だった中国主導のアジアインフラ投資銀行(AIIB)に関して、大統領就任後に参加する可能性が指摘されている。これに対し中国外交部は15日の定例記者会見で、「悪いことではない」と語った。中国外交部公式サイトが伝えた。

会見で「トランプ側では、AIIBの参加を拒否することが間違いとする声もあるが、中国は米国の参加を支持するか」との質問を受け中国外交部の耿爽(グン・シュアン)報道官は、「AIIBは世界銀行やアジア開発銀行同様、独立した機関である。新たなメンバーの参加について、中国はAIIBおよびAIIB加盟国全体を代表することはできない。ただ、AIIBはアジアのインフラ整備を通し経済発展を進めたいとの思いがあるため、世界一の経済大国である米国の参加は悪いことではない。中国の態度は当初から変わっていない」と述べた。(翻訳・編集/内山)