『スター・ウォーズ』シリーズでレイアを演じてきたキャリー・フィッシャー (c)Imagecollect.

写真拡大

女優のキャリー・フィッシャーが、映画『スター・ウォーズ』シリーズで共演したハリソン・フォードと不倫関係にあったことを暴露した。

同シリーズでレイアを演じたキャリーとハン・ソロを演じたハリソン。そんな彼らの関係は40年近く前に公開されたシリーズ1作目の『スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望』(77)の撮影中に始まったとのこと。キャリーは19歳で、ハリソンは結婚して子供が2人いたたため、関係は撮影中の3か月間だけだったそうだ。

キャリーはゴシップ誌「ピープル」に、「とても激しかったの」「週の間はハンとレイアで、週末はキャリーとハリソンだったわ」「40年が経ったわね」と認めている。

キャリーは同映画の撮影中に書いていた日記を「Princess Diarist」という題名の本にしていて、現地時間22日に発売開始される予定。ハリソンとの最初の夜はジョージ・ルーカス監督の誕生日パーティーのあとだったが、キャリーは「Princess Diarist」にハリソンのような男性が自分に満足するか不安な気持ちになったと綴っている。さらに、キャリーは「Carrison」と刻まれたダイヤモンドのゴールドの指輪でプロポーズされることを望んでいたそうだ。また、ハリソンは当時の妻メアリー・マーカットさんと1979年に離婚しているが、キャリーは自分が離婚原因ではないと明かしているほか、「私はとても経験がなかったけれど、彼のことを信じていたわ」「彼は優しかったの」と振り返っている。