14日、韓国メディアによると、朴槿恵大統領の40年来の親友による国政介入疑惑などを受け大統領の退陣を求める声が高まっている韓国で、SNSに「銃を持って大統領府へ」などと書き込んだ市民の自宅が家宅捜索され、物議を醸している。写真は韓国大統領府。

写真拡大

2016年11月14日、韓国・毎日経済などによると、朴槿恵(パク・クネ)大統領の40年来の親友・崔順実(チェ・スンシル)容疑者による国政介入疑惑などを受け大統領の退陣を求める声が高まっている韓国で、SNSに「銃を持って大統領府へ」などと書き込んだ市民の自宅が家宅捜索され、物議を醸している。

韓国警察によると、ソウル銅雀警察署は14日午後4時ごろから30代男性の自宅を1時間ほど家宅捜索した。男性はこの日午前1時2分ごろ、ツイッターに「屋根裏部屋に隠してあるリボルバーを持って青瓦台(韓国大統領府)に行きたい」と書き込みを残した。警察は他のネットユーザーからの通報を受け男性宅に出動、自宅やパソコンなどを調べたが銃器は見つからなかった。

家宅捜索に際し警察は令状の発付を受けていなかったが、男性と同居する男性の母親の同意を得られたことから任意捜査として捜索を行った。警察関係者は「現場で同意を得た場合には令状がなくても家宅捜索が可能だ」として今回の捜索に問題がないとしているが、男性は「何も分からない状態の母親に警察が門を開けさせ、すべての部屋をひっかき回して宅配便の箱まで開けていった」など、強引な捜索に怒りをあらわにしている。

これについて、韓国のネットユーザーから多数のコメントが寄せられた。

「銃を持って青瓦台に行きたいという書き込みをまさか文字通り受け取ったの?本当に分かってないなあ」
「表現は過激だけど、気持ちは分かる」
「これが大韓民国だ。金持ちは無罪、貧乏人は有罪」

「崔順実の逮捕こそ、こんなふうに迅速にすべきだった」
「正しいことを言っただけなのになぜ?この国は北朝鮮とまるで変わらないな」
「怒りに駆られたらこのくらいのことは誰だって言うものだ。言わずにためておくよりいいと思う。立派だよ」

「“銃”の語にギクリ(笑)」
「もし銃を持ってたら撃ちたいくらい。これでうちも家宅捜索する?」
「これが民主国家なの?」
「国がひどいざま。間抜けな国民たちの自業自得だ」(翻訳・編集/吉金)