14日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国の空母・遼寧号の中がいかに清潔であるかを伝える記事を掲載した。これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントが寄せられた。写真は遼寧号。

写真拡大

2016年11月14日、中国のポータルサイト・今日頭条は中国の空母・遼寧号の中がいかに清潔であるかを伝える記事を掲載した。

記事によると最近、ロシアのアドミラル・クズネツォフ空母の中で撮影したという写真が流出したが、それによるとボイラーのメンテナンス状態が非常に悪く、とても汚かったという。しかし、ほぼ同型となる中国の空母・遼寧号は、内部が非常に清潔で秩序正しく、メンテナンスがきちんとされているのだという。

これに対し、中国のネットユーザーからさまざまなコメントがよせられた。

「空母内部の清潔さは軍の素養の高さを示している。つまりわが軍は外国の軍に劣らないということだ」
「細部はすべてを決めるからな。武器装備のメンテナンスは非常に重要だ」

「これこそが実力だ!日本人もこの実力には服さざるを得ないだろう。もちろん、中国初の空母だから大事にしているというのもあるが」
「ロシアの空母は就役して30年、中国はわずか3年。きれいさを比較するのは不公平だろ」

「清潔さなんて意味がない。ロシアはちょっと怒っただけで空母をシリアまで行かせるんだ。俺たちの方はどうだ?」
「こんなの何の自慢にもならないだろ。作戦能力で超えてからものを言うべきだ」

「ポイントはロシアにはお金がないということだと思う」
「ロシアの船は自由。でもわが国の遼寧号は毎日磨くだけ」(翻訳・編集/山中)