「ユー・エム・シー・エレクトロニクス株式会社」HPより

写真拡大

まいど、「相場の福の神」ことSBI証券シニアマーケットアナリストの藤本誠之(ふじもと のぶゆき)です。藤本は、現在ほぼ1日に1社のペースで、上場企業の経営者やIR(投資家向け広報)の担当者との個別面談を行っています。延べ年間200社以上と個別面談を行っていると、業績が成長し、安定的に利益を出し、株価が堅調な企業には、様々な要因があることが判ります。その中でも重要な要因に「人材活用術」があります。企業は、そこで働く経営者・役員・従業員が、それぞれの責務を果たすことによって成り立っています。いかに優秀な経営者であったとしても、一人では会社を動かすことできません。そこに集う人材によって、会社は大きく成長していくからです。この連載では、藤本が会った様々な成長企業の経営者から、その企業の概要や今後について聞き、人材活用術について語っていただいた内容をご紹介いたします。

第5回は、日本最大級のEMS(電子機器受託製造サービス)企業のユー・エム・シー エレクトロニクス(6615 東証1部)です。

■日本最大級のEMS企業の「ものづくり力」

ユー・エム・シーエレクトロニクスは埼玉県上尾市に本社があります。1968年に創業し、2016年3月に東証1部に新規上場しています。内山茂樹社長に人材活用術を聞きました。

――ビジネスの概要をご説明してください。

当社は、卓越した「ものづくり力」と感動を呼ぶ「海外工場運営」が高く評価され、各国の名だたるトップメーカーを中心に、約300社を超える取引先から、自動車のハイブリッド関連の重要保安部品から、最新鋭のドローンまで、様々な製品の製造を受託している企業です。製造拠点としては、日本・中国・ベトナム・タイのほか、来年の第1四半期にはメキシコが稼働開始予定で、販売拠点としては各製造拠点にプラスしてドイツにあります。

近年、世界の電機電子業界はパソコンやデジタル家電、スマホに代表されるようにコモディティ化に伴う水平分業化が進み、EMS業界の急拡大を支えてきました。これら製品の普及一巡による需要伸び悩みが予想される一方で、メカ技術をコアとしてきた業界の電子要素技術利用も急速に進展しております。とりわけ、車載や医療分野は、生命を預かる重要保安品を抱えるため高信頼性の確保が必須となるものの、EMS業界にとっての成長分野であると考えております。

当社グループは、こうした高い技術力を要する分野に果敢に挑戦することで、自動車や産業機器業界等とともに成長することが可能と考えており、自ら積み上げた「ものづくり力」の社風・企業文化を水平展開することで規模を拡大してきております。

■昭和のスピリッツと平成のテクノロジー

――特徴、強みは何ですか。

会社のキャッチフレーズは「昭和のスピリッツと平成のテクノロジー」です。生産設備を自社で開発し、全自動の生産ラインを構築するなど、最先端の技術力を有しながら、企業文化は昭和の高度成長期を思い起こさせるものなのです。

「ものづくりは人づくり」と言われるとおり、「日本のものづくり」を世界で実現するには、全社員が思想・考え方を共有し、全社的に課題解決に取り組む姿勢が重要となります。

当社グループは、企業理念に「心あるものづくり」を掲げ、開発・部材調達から基板実装・完成品に至るまで、どの拠点も共通の価値観の下、同レベルのきめ細かなサービスを提供できることが強みであると考えております。

――今後の戦略を教えてください。

まず、足許では、自動運転、EV化の進む自動車業界での、電装化進展が大きな成長の原動力になります。すでにTier1メーカーの多くから高い評価をいただいており、数年先までを見据えたいくつものプロジェクトが水面下で進行しております。これから先のEMS業界は、上流工程の製品設計から、下流工程の保守サービスまで対応できる企業が、有利になって来ると考えております。

当社は、まず精密金型・精密成形の企業を昨年度に買収し、基板実装のみでなく、自社パーツを使ったユニット製品としての納品を可能に致しました。更にその上流工程からの提案が出来るように、設計部隊も増強し、製品・工程設計時点から考えたLCAの提案も含めた、トータルな提案が出来るよう準備を整えております。あくまでも、ものづくりに軸をおいた製造会社として、要素技術から提案できる企業を作り上げていきたいと考えております。

また、忘れてはいけないことが、頑張れば未来は明るいの精神で、礼節を重んじ全ての物事に感謝をしていくことが、当社の源であると思っております。

■「一番遅くに食事に行く」ことを実践

――人材活用術について教えてください。

当社の工場では、昼夜を問わず、食事休憩開始前に必ず部署毎の小ミーティングを行い、指示連絡事項の徹底を図りますが、閉会後、上級社員は作業者全員に対してハイタッチで労をねぎらい、先に食事に向かわせます。これは、日本人が強要して始まった内容ではなく、中国工場で自発的に始まったものです。中国人の管理者が、ものづくり企業として、会社の利益を生み出している根底はどこにあるのだろうと考え、現場で実際に作業をしている人たちに「ありがとう!」「お疲れ様」と言う気持ち込めて食事に送り出そうと始めたのです。送り出した管理者たちは、直ぐに食事に向かう訳ではなく、その日の朝に決定された会社からの伝達事項や生産時の課題・反省点などの打ち合わせを行い、一番遅くに食事に行く、ということを実践してきております。

現在は、全拠点に広がり実施されております。実際にお客様に来社いただいた時に、実体験していただき、自社に持ち帰ろうとされた会社様もありますが、日本人の押し付けではなかなか浸透しないと聞いております。こういった、昭和の時代には存在していたスピリッツ「全ての物事に感謝の気持ちを忘れない」「頑張れば、未来は明るい」の精神が当社の根底に流れているのだと感じております。

▼福の神 人材戦略 ココに注目!

ユー・エム・シー・エレクトロニクスは、「モノづくり」のプロ集団です。昭和のスピリットで実際に工場の労働者のモチベーションを高め、工場の生産性を飛躍的に高める努力を常に行っています。そこに、平成のテクノロジーとして、出来る限り省人化を図るLCA(Low Cost Automation)の技術があります。日本の「ものづくり」企業として、グローバルでの活躍が期待される企業です。

(SBI証券シニアマーケットアナリスト 藤本誠之=文)