今後も続く戦いに向け気を引き締めるDF長友佑都「一戦一戦気を抜けない戦いが続く」《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽日本代表は15日、埼玉スタジアム2002でロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選・グループB第5節のサウジアラビア代表戦に臨み、2-1で勝利した。

▽試合終了後、DF長友佑都(インテル/イタリア)は、ミックスゾーンでメディア陣の取材に応対。「中東の3試合が残っている。もう一戦一戦気を抜けない戦いが続くと思う」と今後に行われるアジア最終予選に向け、気を引き締めた。

◆DF長友佑都(インテル/イタリア)

――ケガもあって最終予選に関われなかった

「今までにないくらい自分のなかでは気持ちが入っていた。チームがうまくいかなかったり負けたりというのを外で見ていてとにかく悔しかった。なので出たときはチームに貢献することだけを考えていた」

――点に絡めた

「冷静に中も見えていたし、グラウンダーのボールがチャンスになるというのは中の選手とも話していた。圭佑とも長いこと一緒にプレーしてきて、あの崩しは阿吽の呼吸といいますか、彼も僕をわかっているし、僕も彼をわかっている。一回ためて裏へ抜けられた。時間と空間を作れたというのが、良かった」

――岡崎や香川、本田のスタメン落ちについて

「勝負の世界では起こり得ること。ただ1試合外れただけ、今後どうなるかはわからない。これによって彼らがブレることはないし、僕自身もそう。やるべきことをしっかりとやるだけ」

――断固たる決意を感じた

「出られない悔しさを一人ひとりが持っていると思うけど、それで若い選手の足を引っ張っていたら自分自身の今後にもつながってこない。若い選手が出ていても、これまで自分たちがやってきた経験で彼らをサポートできれば、違う形で結果というものはついてくると僕は思っている」

「前半、前の選手たちが躍動している姿を見て、厳しい試合になるとは思っていたけど、自分の中でなんか勝てるなという感覚が自分の中にあった。それは気を抜いているとかではなく、この試合勝てる。こいつらとだったら勝てるというものがあった。それはすごくうれしかった」

――クロスのイメージ

「最初に真司が見えたので、あとは何人かの選手がいるのはわかった。その空間が見えたので、相手のDFもゴールに重心がいっていたのでここは通るなと。そこを通しましたし、一本、圭佑にもグラウンダーで通したシーンがあったんですけど、やっぱりグラウンダーは効いてくるなと思いました。僕もクロスの種類やアイディアをもっともっと向上させていかないといけない」

――絡んだ選手、形も良いゴールだった

「すごい良かった。僕、(FW本田)圭佑、(MF香川)真司が関わって、最後に元気がとるというのが素晴らしかった。圭佑や真司でなく、僕らがつくって最後、彼らに点をとらせるというのは感慨深いものがあるというか、素晴らしい攻撃だった。今後につながると思います」

――原口との連携

「元気があれだけ走ってくれるんで、おっさんの僕は後ろでサポートしていればいいっていうだけ(笑)。彼が僕をサポートしれた。運動量も豊富であれだけ点もとれてテクニックもあって、凄い選手になっているなと僕自身も感じるので。元気がいなかった僕どうなっていたかなと(笑)」

――勝ち点10で日本が2位になったが今後は

「もっと厳しくなりますよね。中東の3試合が残っている。もう一戦一戦気を抜けない戦いが続くと思う。ただ、自分たちのやっていることをしっかりやれば結果が出ると信じている。今日の内容を見ても、僕らがW杯に出れないなんて考えたくもないし、考えられない。1試合ではわからないですけど、自身にはなったのでないかと思います」