訪日した中国人が驚くことの1つに日本の清潔さが挙げられる。中国人旅行客たちは「日本の街中にはゴミ箱がないのに、ゴミがまったく落ちていない」と口にするが、中国人にとっては日本の建設現場の清潔さも驚きの水準であるようだ。(イメージ写真提供:123RF)

写真拡大

 訪日した中国人が驚くことの1つに日本の清潔さが挙げられる。中国人旅行客たちは「日本の街中にはゴミ箱がないのに、ゴミがまったく落ちていない」と口にするが、中国人にとっては日本の建設現場の清潔さも驚きの水準であるようだ。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日本は工事現場でも街中と同じように清潔さが保たれていると伝え、日本の工事現場がいかに清潔かを数多くの写真とともに紹介している。

 記事はまず、中国国内の工事現場は「チリやホコリが舞い、あらゆる場所にゴミが散乱している」と伝え、近づきたくなくなる惨状であることを紹介する一方、日本は建築資材を生産する工場はもちろん、建設作業が行われる現場もゴミ1つ落ちていないことを紹介、「日本の工事現場では、作業員が捨てたゴミが落ちていることは決して許されることではない」と指摘し、頻繁に清掃が行われていることを指摘した。

 また、日本人は何事にも厳格に対処し、決して「適当にはしない」と称賛し、中国人の建設関係者からすれば日本の工事現場は「強い衝撃を受ける光景」が広がっていると紹介。衝撃の対象は清潔さだけでなく、建築作業の過程で出たゴミもしっかりと分別されていること、機材や重機が整理整頓されていること、作業員の通路が広々と確保されていることも含まれるとし、「何事も厳格に取り組む日本に中国は真剣に学ぶ必要がある」と主張した。

 記事は、日本の工事現場の様子を写真とともに分かりやすく紹介しているためか、多くの中国人ネットユーザーが記事の内容に賛同するコメントを寄せている。例えば、「日本人は嫌いだが、日本人には中国人が学ぶべき点が数多く存在する」、「中国人の民度を日本人と同等にするには最低でも2世代にわたる教育が必要だ」、「もはや中国に不足しているモノはなくなったが、日本人のような『精神』が欠けていることが分かる」といった意見があった。中国人ネットユーザーたちも日本の工事現場から「強い衝撃」を受けたようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)