「鋼の錬金術師」ロゴ (C)2017 荒川弘/SQUARE ENIX
(C)2017映画「鋼の錬金術師」製作委員会

写真拡大

 荒川弘氏の人気コミックを実写映画化する「鋼の錬金術師」の30秒特報映像が、このほど公式サイト(http://hagarenmovie.jp)で初公開された。ファン待望の、「Hey! Say! JUMP」の山田涼介が演じる主人公エドワード・エルリックと、最先端技術を駆使したフルCGのアルフォンス・エルリックの姿が収められている。

 2001〜10年に「少年ガンガン」(スクウェア・エニックス刊)で連載された世界的人気コミックを、「ピンポン」で知られる曽利文彦監督が実写化。物質を変化させる“錬金術”が中心の世界を舞台に、母を失い禁忌を犯した主人公のエルリック兄弟が、絶大な力を秘める「賢者の石」を追い求め旅する姿を描いた。

 原作そのままの街並みが存在するイタリアをはじめ、国内での長期ロケを経て8月下旬にクランクアップ。公開までの約1年間をポストプロダクション期間とし、精密なCG映像を製作している真っただ中だ。CG技術が発達した今だからこそできる、壮大な世界観の実写化に挑んでいる。

 映像では、イタリアの美しい風景が広がる一方で、錬金術によって生み出された何かが、エドに襲い掛かる模様も映し出される。エド&アルのエルリック兄弟による波乱に満ちた旅路に、期待が高まる仕上がりだ。「鋼の錬金術師」はディーン・フジオカ、本田翼、大泉洋、蓮佛美沙子、夏菜、佐藤隆太、原田夏希、小日向文世、石丸謙二郎、松雪泰子、本郷奏多、内山信二らが共演し、2017年冬に全国公開。