画像

写真拡大 (全5枚)

 世界中の注目を集めたアメリカの大統領選。現地では様々な企業が選挙に便乗したPRを展開しました。そのなかで、Century 21はユニークな方法で自社のPR&投票促進を試みました。海外の広告・宣伝・プロモーション事例情報を提供している「AdGang」からの厳選記事を紹介するこの連載は、毎週水曜日更新です。

●キャンペーン概要

 時期:2016年
 国名:USA
 企業/ブランド:Century 21
 業種:不動産

■さて、新しい居住者は……

 「ホワイトハウス」と言えば、アメリカ大統領が居住し、執務を行う場所。大統領選を目前に控え、来年の1月から「誰がホワイトハウスに住むか」で話題は持ち切りです。

 そんな中、グローバル展開をしている大手不動産会社Century 21が、注目の集まる「ホワイトハウス」を最新物件として同社の物件検索サイトに掲載しました。

 約5万平米もの敷地に、16部屋の寝室、そして35個のバスルームを有する「ホワイトハウス」。その想定額は、なんと約4億ドル。所在地はアメリカの中で最も有名な住所とも言われる「ペンシルベニア通り1600番地」。

 また、サイトには室内の写真も多数掲載されており、普段はなかなか見ることができない「ホワイトハウス」を覗いているような感覚で楽しめます。

 そして面白いのが、ページのあちこちに設置されている、「Help Find the Next Tenant(次の居住者を見つけるのを手伝ってください)」と書かれたボタン。

 ボタンを押すと、政府公式サイトの選挙案内ページに遷移。居住州を選択し、州ごとの投票方法の詳細を確認できるようになっています。

 誰もが注目する大統領選に、不動産会社らしく“ホワイトハウスの次の居住者を見つける”という視点で乗っかった遊び心溢れるPR施策でした。投票促進に結びつけるところも意義深くていいですね。

●先週の紹介キャンペーン

 これは斬新! ピザハットの「ピザが注文できるタトゥー」

 記事転載元:AdGang

山田 健介(株式会社PR TIMES)[著]