15日、朴槿恵大統領の親友で国政介入疑惑が取り沙汰されている崔順実容疑者が、ある祈祷師の元を訪れ韓国現政権の閣僚人事を相談していたとの証言が出てきた。写真は朴大統領の退陣を訴えるデモ。

写真拡大

2016年11月15日、朴槿恵(パク・クネ)大統領の親友で国政介入疑惑が取り沙汰されている崔順実(チェ・スンシル)容疑者が、ある祈祷(きとう)師の元を訪れ韓国現政権の閣僚人事を相談していたとの証言が出てきた。韓国・聯合ニュースなどが伝えた。

韓国首都圏に神堂を構える70代の祈祷師A氏は15日、崔容疑者がたびたび神堂を訪ね「どの長官(大臣に相当)の席に誰を座らせるべきか」聞いてきたことがあったと証言した。当時、崔容疑者は具体的な人名や役職に触れなかったことから、A氏は質問に対し「そんなことは知らない」と答えたと主張している。こうした内容は、検察による崔容疑者や周辺人物の取り調べで明らかになった国政介入行為と一部符合するという。

実際に、文化体育観光部長官を務めた金鍾徳(キム・ジョンドク)氏をその席に座らせたのは、崔容疑者の最側近として動いていた「韓国文化界の皇太子」チャ・ウンテク容疑者だとされている。また、崔容疑者は否認しているものの、チャ容疑者が選んだ人物について、崔容疑者が朴大統領に直接・間接的に推薦し受け入れさせていた可能性にも、検察は注目しているところだ。

A氏はまた、崔容疑者の求めにより朴大統領の運命を四柱(生年月日などから運命を予見する占い)により占ったことがあるとも語った。さらにA氏によれば、崔容疑者はいつも1人で神堂を訪れては自身の金銭運について祈り、昨年春以降は姿を見せなくなったという。

報道を受け、韓国のネットユーザーは次のようなコメントを寄せた。

「実にあきれた」
「みこが完全に国を操っていたのか。朴大統領はもっとひどいことになる前に辞任してほしい。5000万の国民がソウルにデモのため集まるのを見たいのか?」
「この国はまともじゃない」

「今みたいになるという自分の将来については聞かなかったんだね」
「祈祷師にアウトソーシング?最近のニュースは面白いな」
「“順実症”にかかった後に、本当にうつ病になりそうだよ」
「ニュースを見るのをやめた方が長生きできそう」

「もう悪口も出てこない」
「きっと朴槿恵の占いの結果が良くなかったから、任期中にお金をいっぱい引き出して外国に逃げようとしたんだね」
「掘っても掘っても限りなく出てくるなあ」(翻訳・編集/吉金)