「ファッション」にフォーカスして人生を紹介

写真拡大

日本・モナコ友好10周年記念「グレース・ケリー展 -モナコ公妃が魅せるエレガンス-」が、2016年11月19日から12月1日まで、横浜みなとみらいのランドマークプラザ5F「ランドマークホール」にて開催される。

グレース・ケリーとは、オードリー・ヘップバーンなどと同時期に活躍し、知性と洗練を感じさせる美貌を武器に、ハリウッドで一世を風靡した女優。記念展はオスカー女優からモナコのプリンセスへと変身を遂げた、彼女の「ファッション」にフォーカスして人生を紹介する。実際にグレースが着用したクリスチャンディオールやシャネルのドレス、代名詞となったエルメスのケリーバッグほか、日本初公開を含めた約140点の公室秘蔵の品々を、写真や映像とともに展示予定。

グレースは、カンヌ映画祭中に知り合ったモナコ公国の王子・レニエ3世と恋に落ち、結婚式は「現代のおとぎ話」とも言われ、3000万人以上が彼女のウェディングを見守った。本展ではモナコ宮殿によって忠実に再現されたそのウェディングドレスも公開する。

時間は、11:00-20:00 (入場は閉場の30分前まで) 、最終日は15:00まで。入場料は、一般1000円/高大生700円/中学生・小学生500円。※横浜市民(在住・在勤・在学の方)は半額