15日、澎湃新聞網によると、中国浙江省杭州市で14日朝、「黒い雨」が降った。地元環境保護当局は「廃棄された缶に残った石油が乾き、粉末になって雨に混じった」と説明している。

写真拡大

2016年11月15日、澎湃新聞網によると、中国浙江省杭州市で14日朝、「黒い雨」が降った。地元環境保護当局は「廃棄された缶に残った石油が乾き、粉末になって雨に混じった」と説明している。

【その他の写真】

「黒い雨」が降ったのは14日午前8時ごろ。小雨が降るとともに地面、住宅の屋根、自動車、田畑などが黒く塗ったようになった。道を歩いていた人の服や顔も真っ黒に。ネット上には次々と写真がアップされ、人々は「完全武装で外出しなければ」などと波紋が広がった。

地元環境保護当局が調べたところ、原因は5年前に閉鎖された染料工場と判明。敷地内に放置された缶を処分する際、中にこびりついていた石油が黒い粉状になり、舞い上がって雨に混じった可能性があることが分かった。「黒い雨」は南風に乗り、工場を中心に半径800メートルの地域に広がったという。当局は「毒性はない」と説明している。(翻訳・編集/大宮)