試合後、ファン・マルバイク監督は「サウジアラビアのチームらしいプレーができた瞬間はあまり多くありませんでした」と悔やんだ。(C)SOCCER DIGEST

写真拡大

[ロシアW杯アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 11月15日に行なわれたロシアワールドカップ・アジア最終予選。無敗でグループ首位に立っていたサウジアラビアは、日本と対戦し、1-2で敗れた。
 
 サウジアラビアのベルト・ファン・マルバイク監督は、「日本はこのグループのなかで本命。勝つためには全選手がトップレベルでパフォーマンスをしなければいけないということは分かっていた。ただ残念ながらチームはそういった状態ではありませんでした。日本の方が少し良かったんだと思います。時折チームとして良いプレーは見られたが、時折見られる程度では、今日は十分ではありませんでした。今日の結果は大変残念ですが、私どもも先に進んでいくしかありません」と試合を振り返った。
 
先制点を許した45分、ペナルティエリア内でDFがハンドを取られたシーンについては、「そもそもあれがペナルティだったのかということに関して、正直私としては疑いを抱いています。チームとしては、あれは非常に苦しい瞬間でした。ハーフタイムでもリプレイを見ましたけど、どうだったのかなと思っております」と疑念を口にした。
 
 日本が先発に本田圭佑、香川真司、岡崎慎司を起用しなかったことについて、「それはこちらの予想どおりでした。99%こちらの予想どおりになりました」と日本のメンバー起用を読んでいた指揮官だが、審判の判定は想定外だったようだ。
 
 一方で、「日本は、今日は勝つべくして勝った」と敗戦を認め、「この結果を受けて、サウジと日本は勝点10で並んでいます。このグループは、もしかしたら最後までもつれ込んで接戦になるのではないかという気がしています」と展望した。

【日本代表PHOTO】サウジアラビア戦に集まった美女サポーターたち!