Photo by Aiko Suzuki

写真拡大

アニメ『エヴァンゲリオン』シリーズや映画『シン・ゴジラ』を手掛けてきた庵野秀明監督には、映像作家という一面の他に、映像企画製作会社カラー代表取締役社長としての顔がある。このたび、カラーの会社設立10周年を迎え、2016年11月23日(祝)から8日間、東京・ラフォーレミュージアム原宿で初の企画展覧会を開催することになった。日本を代表するアニメスタジオを誕生させた庵野監督が初めて会社経営について語った。(「週刊ダイヤモンド」編集部 小島健志)

10年間「大丈夫」だった
カラーを知ってもらいたい

──株式会社カラーが設立して10周年を迎えました。初めての企画展覧会を開くことになりましたが、その理由についてお教えください。

 カラーの大きな作品といえば『エヴァンゲリオン』しかありません。おかげさまで、エヴァは多くの方に知っていただけているのですが、エヴァに比べるとカラーという会社はあまり知られていません。そのため、設立10周年を機に、「株式会社カラー」という存在を少しでも知ってもらいたいと考えました。

──会社の認知度がないということですか。

 ええ、ないと思います。10年間もやっているので、業界内ではある程度知られていますが、業界の外の方には知られていません。その間、会社が「大丈夫」だったということもあり、これを機に展覧会を開催することにしました。

──そもそもの会社設立の経緯について教えてください。カラーは、庵野監督がエヴァの新劇場版シリーズの企画・製作から配給、宣伝までを行うために設立した、自主制作会社と伺っています。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)