山口組総本部では今年、“約束”を守ってハロウィンの菓子配りが実施された。神戸市民の声を聞いて回ると、山口組を治安維持などで頼りにする人は今も珍しくないことが分かる。ヤクザと共生してきた街には、部外者には分かり得ない、独特の「山口組観」が息づいている。 Photo by Kenichiro Akiyama

写真拡大

山口組と神戸山口組という2つの組織に分裂し、昨年は恒例の「子どもたちへのハロウィンのお菓子配り」が中止となった山口組。ところが今年は、子どもたちとの約束通り、菓子配りが復活した。市民からは山口組を慕う声も今なお根強い神戸市。「ヤクザと共生する街」の現実を取材した。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

「男の約束」を守った!
菓子配りに子どもは大喜び

「やっぱり“約束”をはたしてくれたんや!」――。

 今年10月31日夕方、文教地区にして閑静な住宅地として知られる神戸市灘区にある神社で、男たちが子どもたちに“菓子”を配っていた。兵庫県警関係者によると「山口組によるもの」という。

 ここ数年来、指定暴力団・山口組総本部(神戸市灘区)では、毎年10月31日、ハロウィンの日に地元の子どもたちに菓子を配るのが恒例となっていた。

 だが、昨年は配られることはなかった。去年、その山口組が貼り出した掲示には下のような一文が書かれていた。

 ≪(略)楽しみにして頂いて居りました御子様方には大変残念な思いをさせますが来年は必ず開催致しますので、楽しみにしていて下さい(略) 六代目 山口組総本部≫

「来年は必ず開催致します」――この子どもたちへの約束を山口組は果たした。

 これに地元小学生はもちろん、大人たち地域住民は大感激だ。約束通り開催された今年の菓子配りを喜ぶ地元の小学5年生・ヒナちゃん(11)の傍らで、母親はこう語った。

「こういう約束は、政治家やお役所の偉い人、企業のトップなら『社交辞令』『空手形』で済ませることが多いですよね。それを(神戸山口組との分裂)騒動と警察の目もあるなかで、きちんと守ってくれるとは…。やっぱり山口組さんですね」

 このようにヒナちゃんの母親も手放しで喜ぶ。同様の声は、他の地域住民からも多数聞かれた。山口組総本部近くに住む60代主婦は言う。

続きはこちら(ダイヤモンド・オンラインへの会員登録が必要な場合があります)