栗山英樹監督がポスティングの上限撤廃を訴え 「大谷翔平が喜べる制度に」

ざっくり言うと

  • 栗山英樹監督が15日、ポスティングシステムの譲渡金上限額の見直しを訴えた
  • 栗山監督は、大谷翔平が喜べる制度になってほしいと願っているという
  • 「たくさん(入札金額を)出すところに決まれば喜ぶはず」と力説した

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング