写真提供:マイナビニュース

写真拡大

アイビーシー(IBC)は11月15日、リンクとの協業によるベアメタル型クラウドサービス「SCI クラウド」の販売を開始した。

クラウドサービスの普及により、企業がICTインフラを構築する際の選択肢が増え、システムの要件やビジネスサイクルに応じたパブリッククラウドやプライベートクラウド、オンプレミスなど、自社に適した利用形態やサービス提供事業者を選択し、組み合わせ、セキュアかつ柔軟なインフラ環境を構築・運用するハイブリッドクラウドのニーズが高まっているという。

IBCは、このような状況を踏まえ、リンクが提供するクラウドサービス「ベアメタル型アプリプラットフォーム」のOEM提供を受け、特化型クラウドインテグレーションサービス「Specific Cloud Integration (以下 SCI)」のクラウド基盤の1つとして、SCI クラウドを販売する。

同サービスは、物理サーバの処理能力と安定性、そしてサーバを構築・複製・テンプレート化できる仮想サーバのメリットを併せ持つサービス。

プライベートVMやパブリックVMも使えるハイブリッド環境を、コントロールパネルから構築・運用・管理することができる。サービス内容が非常にわかりやすいため、オンプレミスで培った知識や運用のノウハウをそのまま活用できることも利点となっている。

今後、そのほかのクラウドサービスとの相互接続や各種コンサルティングサービスと組み合わせることによって、お客様にとってさらに最適なクラウド環境を提供していく。

(岩井 健太)