ホームで完勝のUAEが3位オーストラリアに勝ち点で並ぶ《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第5節のUAE代表vsイラク代表が15日に行われ、2-0でUAEが勝利した。

▽ここまで2勝2敗で4位に位置するUAEがホームに5位のイラクを迎えた一戦。試合は

MFオマール・アブドゥルラフマンを中心に攻撃を組み立てるUAEがボールを保持しながら展開すると26分、O・アブドゥルラフマンの起点からゴールが生まれる。

▽O・アブドゥルラフマンのパスをバイタルエリア右で受けたアフメド・ハリルがボックス右へスルーパス。これに反応したサンクールがダイレクトで折り返すと、相手DFのブロックでこぼれ球を走り込んだA・ハリルがゴール右からダイレクトシュートで叩き込んだ。

▽UAEリードで迎えた後半は、一進一退の攻防を展開する。お互いに選手を入れ替えつつゴールを目指す中、イランは79分にアーマド・イブラヒムの左クロスをニアに走り込んだアイメン・フセインが頭で合わせる。さらに83分には、右クロスをボックス中央のアブドゥルアミールがヘディングシュートを放ったが、共にGKアリ・ハセイフの好セーブに阻まれた。

▽このまま試合終了かに思われたが、UAEは後半アディショナルタイムの93分に追加点を奪う。O・アブドゥルラフマンのスルーパスに抜け出したマブフートがボックス右でキープすると、マブフートの折り返しを中央に走り込んだマタールが左足で合わせ、ゴールネットを揺らした。

▽結局、試合はそのまま2-0で終了。勝利したUAEは、3位オーストラリア代表と勝ち点で並んだものの、得失点差で下回っており4位となっている。なお、UAEは2017年3月に行われる第6節にホームで日本と対戦する。