本田(4番)を先発から外したハリルホジッチ監督。大胆な采配に出たが、重要な一戦で見事に結果を残した。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全4枚)

[ロシアW杯最終予選] 日本 - サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 まずは、勝点3を取ったことを素直に称えたい。最終予選を突破するには、サウジアラビアとの一戦で勝利が不可欠だと言われていたなかで結果を残したのだから、賛辞を送りたいと思う。
 
 この試合で日本の選手たちは、試合開始から気迫が漲っていた。前線からプレスをかけ、かわされても連動しながらボールを奪いに行く姿からは「今日は違う」という雰囲気が十分伝わってきた。誰ひとりとしてサボるような選手は見当たらなかったし、全員がここまで攻守にハードワークできるのかと、感心させられたくらいだ。
 
 球際では果敢にチャレンジしていたのも見逃せない。‶デュエル″を体現し、サウジアラビアを思い通りにさせなかったことが序盤から優位に戦えたひとつの要因だろう。カウンターから何度か危ないシーンを招いたとはいえ、総じて見ればサウジに怖さを出させなかったと言っていい。
 
 また、勇気ある采配を見せたハリルホジッチ監督にも拍手を送るべきだろう。重要な一戦でエースの本田を外すという決断はなかなかできないが、英断を下し結果を残した点は素晴らしい。後半から出場した本田のコンディションがいまひとつだったことを見ても、指揮官の選択は決して間違いではなかった。

【日本 2-1 サウジアラビア|PHOTOギャラリー】清武、原口のゴールでグループ首位を撃破し、暫定2位に浮上!
 サウジ戦では前線3枚に原口、大迫、久保が並んだが、大迫は2得点した11日のオマーン戦に続いて、十分評価に値するパフォーマンスを見せてくれた。
 
 オマーン戦でも感じられたように、やはり前線でボールを収められるのは大きい。大迫は相手をしっかり抑えながらタメを作れるので、中盤の選手たちも迷いなく攻め上がれる。攻撃に厚みをもたらす意味でも、重要な存在だ。
 
 守備では中盤の選手と連動しながらプレスをかけて身体を張ってマイボールにできる。サウジ戦でも中盤まで下がって懸命に守備をこなしていたが、そういった献身的な役回りでも貢献できることを証明した。CFの一番手に君臨していた岡崎と良い競争ができそうだし、彼らを状況に応じて使い分けられれば攻撃の幅は広がりそうだ。
 
 また、原口の活躍にも触れないわけにはいかない。
 
 この試合では全員がハードワークしていたが、なかでも原口の攻守における貢献度は群を抜いて高かった。試合序盤からハイペースでプレーしていたので「大丈夫か」と思いながら見ていたが、結局最後まで走り切って、おまけに勝利を決定づける2点目まで奪ってしまったのだから大したものだ。
 
 以前の彼に対する印象は貪欲にゴールを狙いに行くだけというものだったが、今はボールを奪われたらすかさず守備に走り、球際へチャレンジして奪い返せる選手へと進化を遂げた。チームプレーにも徹する姿はドイツに行って学んだのだろうが、それが代表でも確実に活きているのが窺える。
 
 最終予選で4試合連続ゴールも達成し、心身ともに一番充実している存在だろう。その成長ぶりを考えると今後も期待せずにはいられないし、このまま代表を引っ張っていく存在になってもらいたい。
 オマーン戦を含めた11月シリーズでは、原口や大迫、清武を含め、ロンドン五輪世代の台頭を感じさせた。香川や本田がいなくてもやれるという感触を、チーム全体が掴み始めているようにも見えるし、上手く底上げを図れたのではないか。
 
 一方で、厳密に見れば課題もある。例えば、ボールを奪った後の攻撃の精度はそのひとつだろう。今回のサウジ戦でも見られたが、奪った瞬間に良い形でパスがつながらず狭い局面を打開できずに相手ボールになってしまうようなイージーミスは減らしていきたい。
 
 来年の3月にはUAEとのアウェー戦が控えるが、その時にはまたコンディションの問題が出てくるだろう。現状では欧州で確実に出番を掴んでいる選手は限られる。今と状況が変われば良いが……。いずれにせよ、来年も厳しい道のりが待っているだけに、しっかりと準備して臨んでほしい。