写真提供:マイナビニュース

写真拡大

11月15日(現地時間)、米オートデスクの年次イベント「Autodesk University 2016」が米国ネバダ州ラスベガスで開幕した。

24回目となる同イベントでは、クラウドプラットフォームの構造を簡素化する取り組みや、デザイナー・設計者、エンジニアなどの業務効率を向上させるさまざまな取組が紹介されるほか、「Fusion 360」「BIM 360」の新機能も明かされる予定。

また、展示ホールでは産業用ロボットによる3Dプリント、建設用レンガ積みロボットなど、ものづくりの未来が垣間見えるような展示が行われる。

マイナビニュースでは、基調講演や展示ホールをはじめAutodesk University 2016の模様をレポートしていくので、楽しみにしていただきたい。

(神山翔)