1トップとして存在感を見せた大迫。清武とも良い連係だった。写真:滝川敏之(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大 (全3枚)

[ロシアワールドカップ・アジア最終予選]日本 2-1 サウジアラビア/11月15日/埼玉
 
 ロシア・ワールドカップのアジア最終予選でサウジアラビアと対戦した日本は2-1で勝利を収めた。
 
 1トップとして先発した大迫はサウジアラビアとの重要な一戦に向けて相当な覚悟を持っていたという。試合前にはトップ下の清武とある言葉を交わしていたと明かす。
 
「今日は試合前からキヨ君(清武)と俺らが頑張らないとダメだねという話をしていた。(結果を残さないと)俺ら終わりだからと。ここでやんないとダメだろうと」
 
 さらに大胆な選手起用を見せたハリルホジッチ監督の手腕に関しても笑いを誘いながら語る。
 
「監督も思い切った采配をしたと思う。僕が監督だったらこういう采配がはできない(笑)。その想いに応えるべきだと感じていた」
 
 ただ、1トップとして存在感を見せたパフォーマンスについては「最低限の結果」だと話す。目指すのは日本代表のエースの座だ。
 
「(代表でプレーするのは)楽しい。良い緊張感があって、このなかでやれるのは幸せ。もっと脅威を与えられるようになりたい」
 
 日本代表での大迫の存在感は、さらに増していきそうだ。
 
取材・文:本田健介(サッカーダイジェスト編集部)
 
【日本代表PHOTO】サウジアラビア戦に集まった美女サポーターたち!