オーストラリアがアウェイでタイとドロー! 日本に抜かれ3位転落《ロシアW杯アジア最終予選》

写真拡大

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第5節のタイ代表vsオーストラリア代表が15日に行われ、2-2で引き分けに終わった。

▽最終予選4連敗と勝ち点を取れていないタイが、2勝2分けで2位につけるオーストラリアをホームに迎えた一戦。日本の2位浮上にも影響する試合は、意外な展開となった。

▽レッキーのシュートがプラトゥム・チュトンの手に当ってオーストラリアがPKを獲得。これをジェディナクが左サイドにしっかり決め、オーストラリアが幸先良く先制する。

▽先制したオーストラリアだったが一瞬の隙を突かれて失点を喫する。20分、クリアボールを拾われ右サイドに展開されると、トリスタン・ドゥーのグラウンダーのクロスをティーラシン・デーンダーが合わせる。一旦はGKライアンがセーブするも、こぼれ球を押し込み、タイが同点に追いつく。

▽1-1で前半を終えたが、後半先にスコアを動かしたのはタイだった。57分、レッキーがティーラトン・ブンマタンをボックス内で倒してしまいPKを献上。これをティーラシン・デーンダーが落ち着いて決め、タイが逆転に成功する。

▽ホームでオーストラリア相手に逆転したタイだったが、65分にPKを献上。ジェディナクがこの試合2本目のPKを左隅に沈め、オーストラリアが同点に追いつく。

▽その後も互いに攻め合うも、ゴールを割ることができず。2-2のまま終了した。引き分けたオーストラリアは勝ち点を1積み上げて9とするも、サウジアラビアに勝利した日本に抜かれ3位に転落した。

タイ代表 2-2 オーストラリア代表

【タイ】

ティーラシン・デーンダー(前20)

ティーラシン・デーンダー(後12)【PK】

【オーストラリア】

ジェディナク(前9)【PK】

ジェディナク(後20)【PK】