「冷静に流し込めた」2戦連続のPK弾…清武「チーム一丸となって戦えた」

写真拡大

 日本代表は15日に行われた2018 FIFAワールドカップ ロシア アジア最終予選の第5戦でサウジアラビア代表と対戦し、2−1で勝利を収めた。

 日本は前半終了間際の45分、相手選手のハンドで得たPKを清武弘嗣(セビージャ)がゴール左下に決めて先制。後半に入って80分に原口元気(ヘルタ・ベルリン)が追加点を挙げると、90分に失点を喫したものの、2−1で年内ラストマッチを白星で飾った。

 11日に行われたキリンチャレンジカップ2016のオマーン代表戦に続いて、2試合連続でPKを決めた清武は、試合後のインタビューで「キリンチャレンジで逆側に蹴ってたんで、GKを見ながら冷静に流し込めて良かったです」と先制点を振り返った。

 B組首位のサウジアラビアを撃破し、W杯出場に向けて大きく前進した。65分までプレーした清武は、「今日は本当にチーム一丸となって戦えたので、それが一番良かった。難しい試合だったけど、チームが攻守でバランスよくできたので、それが一番の収穫だと思います」と勝利を喜んだ。

 日本はW杯アジア最終予選を3勝1分け1敗で折り返し、来年3月23日に行われる第6戦でUAE(アラブ首長国連邦)代表と対戦する。清武は「まだまだ試合は続くので、また来年に向けて頑張っていきたいと思います」と意気込んだ。