ベルと野獣が踊るシーンのポスター Twitterより

写真拡大

女優のエマ・ワトソンが、映画『美女と野獣』(2017年4月21日日本公開)のFacebook Liveにて、野獣を演じるダン・スティーヴンスとのダンスシーンについて語った。

『美女と野獣』と言えば黄色のドレスに包まれたベルが野獣と踊る場面を思い浮かべる人も多いだろう。この象徴的なシーンの撮影についてエマは、「ダンスの時は(ダンと)二人だったから、お互いに心の支えになっていたわ。お互いを支えながら、見つめ合っていたの」と語った。さらに、「一番難しかったのは下を見ないようにすることだった」と明かす。相手のダンに踏まれてケガをすることを非常に恐れていたため足を見てしまい、「エマがまだ足元を見ている!」と何回も注意されてしまったのだと言う。

エマとダンが苦労して撮影をしたこの名場面、ファンは見るのが待ちきれないだろう。新たに公開された予告編には、少しだけこのシーンが映っている。