写真提供:マイナビニュース

写真拡大

IDCフロンティア(IDCF)は11月15日、大規模システム向け運用監視サービス「アドバンストオペレーションサービス」の提供を開始した。

インフラ基盤からアプリケーションまでのシステム全体の統合的な監視と可視化により、障害箇所の迅速な特定と復旧対応を提供するサービス。監視対象は、IDCFプライベートクラウドおよびIDCFクラウドとなる。

クラウド基盤だけでなくOSやミドルウェア、アプリケーションまで一元的な監視が可能になる顧客専用のダッシュボードを提供。単純なノード監視だけでなく、ホストごとの詳細情報(トラフィック、負荷、使用率など)が同じ時系列で見えるなど、システム全体の詳細が一つの画面で確認できる。

システムの障害時には、電話とメールへアラートを自動通知する。また、社外にいる時でも、電話操作による指定コマンド投入でプロセスやサーバの再起動が可能。

月額料金には一定時間の運用サービスを含んでいるが、超過時間については都度の課金方式を採用する。台数ごとに契約する従来の同社運用監視サービスと比較した場合、約55%のコスト削減が可能となるという。

提供価格(税別)は、監視対象ノード数を100台と想定する場合、障害一次対応・依頼作業・定常作業など15時間相当の作業時間を含む基本サービスが75万円、5時間相当の作業時間を含む超過サービスが8万円。

(山本明日美)