写真提供:マイナビニュース

写真拡大

システムリサーチは11月15日、「IBM Watson Explorer Advanced Edition」(以下、WEX)を利用したサービスを開始することを発表した。

WEXは、企業内の構造化されたデータに加え、大量の文書、メール、SNSのテキスト、ログ、グループウェアなどの非構造化データであるテキスト情報を高速に収集・検索を行い、文書中の品詞や構文を理解することで意味傾向を抽出し分析、視覚化を行い新たな知見を発見するテキストマイニング機能を統合した分析ソリューションパッケージ。

システムリサーチは、日本IBMとのパートナーシップ活動により、WEXをクラウドサービス(SaaS)として月額利用できる環境を提供し、分析対象となるデータ量に応じて利用することができる。

また、同社ではWatson Developer CloudのAPIを利用して、活用しやすいコグニティブ・アプリケーションの構築も手掛け、企業が導入し易いサービスの提供と導入に向けたコンサルタント業務を行うとしている。

(辻)