ドラマ「鬼」コン・ユ&キム・ゴウン、カナダでの撮影現場を初公開…ロマンチックな秋の風景

写真拡大

俳優のコン・ユとキム・ゴウンが落ち葉デートをした美しいカナダのロケ地が初公開された。

来月2日、午後8時に韓国で初放送を予定しているtvN金土ドラマ「わびしく燦爛な神(しん)−鬼」は、不滅の人生を終えるために人間の花嫁が必要な鬼と、彼と奇妙な同棲を始めた記憶喪失の死神、そのような彼らの前に「鬼の花嫁」と主張する「死んだはずの運命」の少女が現れ繰り広げられる、神秘なロマンス説話である。

コン・ユは、不滅の時間を生きている神秘的でわびしい鬼キム・シン役を、キム・ゴウンは生まれた時から平凡でない、だが平凡な18才の受験生でいたいチ・ウンタク役に扮し、カップルとして共演する。

劇中ででコン・ユとキム・ゴウンが、多彩な秋の色彩を感じる落ち葉いっぱいの街中を歩いている姿だけでも視線が釘付けにされる。ブラックスーツを身につけているコン・ユと、制服の上にフード付きTシャツと赤いマフラー姿のキム・ゴウンが、並んで歩いている。ロマンチックで風情のある秋の風景の中で、一枚の写真のような雰囲気を醸し出す鬼と鬼の花嫁、二人のカップルショットが期待を高めている。

コン・ユとキム・ゴウンの“落ち葉デート”シーンは、先月14日カナダのケベックで撮影された。美しいことで有名なカナダでの撮影であっただけに、二人を始めスタッフたちもまた非常に盛り上がった。二人は、うず高く積もっている落ち葉の中から紅葉の葉っぱを拾い写真を撮るかと思えば、満面に笑みを浮かべ落ち葉の間をぶらぶら歩くなど、カナダでの撮影に嬉しがる姿を見せた。

制作会社側は、「コン・ユとキム・ゴウンは、鬼と鬼の花嫁というユニークなカップルのケミストリー(相手との相性) を、自分たちならではの魅力で作り出している。ひとつひとつのシーンに最善を尽くして撮影しているコン・ユとキム・ゴウンの相乗効果がどのように発揮されるか、見守っていただきたい」とした。