サウジアラビア戦を迎える日本代表。まさに勝てば天国まければ地獄の大一番だ。写真:小倉直樹(サッカーダイジェスト写真部)

写真拡大

 ロシア・ワールドカップアジア最終予選の日本対サウジアラビアは11月15日、19時35分に埼玉スタジアムでキックオフされる。首位・サウジアラビアに対して、日本は勝点3差の3位に位置するが、この試合の結果によって、置かれる立場はまったく異なるものとなってしまう。

【スタメン発表!】 本田が外れて、久保が先発!

 まずは、前節までの順位表は以下のとおりだ。
順位 チーム/勝点/得失差
1   サウジアラビア/10/+5
2   オーストラリア/8/+3
3   日本/7/+2
4   UAE/6/-1
5   イラク/3/0
6   タイ/0/-9

第5節の対戦カード
11月15日(※時刻は日本時間)
日本 - サウジアラビア(埼玉/19:35)
タイ - オーストラリア(バンコク/21:00)
UAE - イラク(アブダビ/24:20)

 そして、日本はサウジ戦の結果次第で、どのような立場に置かれるのか。以下、勝利、引き分け、敗戦の順に見ていく。

●サウジ戦勝利の場合
日本とサウジアラビアは、ともに勝点10となり、順位は得失点差の争いに。
・2点差以上の勝利 → サウジを得失差で上回り、W杯出場権圏内に浮上(豪州が引き分け以下で日本が首位浮上)
・1点差以下の勝利 → サウジを得失差で上回れず(豪州が勝利 → 日本は3位/豪州が引き分け以下 → 日本は2位浮上)

●サウジ戦引き分けの場合
日本は勝点8、サウジアラビアは勝点11となり、順位は豪州、UAEの結果次第に。
・豪州が引き分け以上及びUAEが勝利 → 日本は4位転落
・豪州が引き分け以上及びUAEが引き分け以下 → 日本は3位維持
・豪州が2点差以上の負け、かつUAEが引き分け以下→日本は2位浮上

●サウジ戦に敗れた場合
日本は勝点7に止まり、サウジアラビアは勝点13。首位との勝点差は6に開き、2位の豪州も勝てば勝点11となり、その差は4ポイントに。さらに、UAEがイラクに勝利すれば勝点9となり、日本は4位に転落することになる。ワールドカップ出場は極めて困難な道のりとなる。