NTTドコモ(ドコモ)とディー・エヌ・エー(DeNA)は、第5世代移動通信方式(5G無線技術)を利用して自動運転車両を遠隔管制する実証実験を共同で進めることを合意したと、それぞれ両社のHPで発表しました。

1

5G無線技術は、10Gbpsを超える超高速な通信速度で通信容量を拡大できることが特徴です、IoTの普及に対応できる次世代の移動通信方式として研究開発と国際標準化が進行しています。

今回の実証実験は、運転手のいない自動運転車両と遠隔地にいるオペレータとの間を5G無線技術でつなぐもので、具体的には、走行中の自動運転車両周辺の高精細映像をカメラで撮影し、5G無線技術を使って遠隔地のオペレータに伝送する実験を実施します。


両社は、ドコモの5G無線技術に関するノウハウと、私有地で無人の自動運転バス「Robot Shuttle (ロボット シャトル)」を活用したモビリティーサービスを手がけるDeNAのノウハウを組み合わせ、遠隔地からの自動運転車両の監視や乗客へのサポートなどに5G無線技術を利用して、運転手のいない自動運転の実用性・利便性を向上させることを目論んでいます。

発表された実証実験の内容を見ると、5G無線技術は自動運転車両の監視や乗客へのサポートに利用されるようで、自動運転車両の運行を5G無線技術で制御するものではなく、補助的な遠隔管制にとどまっていますが、今後は5G無線技術で無人の自動走行車両の運行を直接に遠隔管制する方向に発展することが期待されます。

(山内 博・画像:ドコモ、DeNA)

【関連記事】

DeNAが8月からイオンモールに「自動運転バス」を導入!
http://clicccar.com/2016/07/11/384785/

ソフトバンク子会社SBドライブが「喋る無人運転バス」を実証実験開始!
http://clicccar.com/2016/11/07/414575/

ドコモとDeNAが、自動運転車両を第5世代移動通信方式を利用して遠隔管制する実証実験を実施(http://clicccar.com/2016/11/15/416770/)