「月経困難症を和らげる」と謳うスイスのチョコレート(出典:http://www.20min.ch)

写真拡大

女性を毎月のように苦しめる月経困難症。ひどい生理痛や腰痛のために仕事や勉強に集中できないという女性もいる。そんななか、スイスで「これを食べて憎き月経困難症に立ち向って欲しい」とするチョコレートが誕生したというニュースが飛び込んできた。

スイスのメディア『20 Minuten』などが伝えたところによれば、そのチョコレートはルツェルンに工場を持つ「Chocolate with Love」ブランドの『Frauenmond』という商品。ドイツ語で“女性の月”という意味だそうだ。手がけたのはパティシエのマーク・ウィドマー氏(Marc Widmer)。「アローザ・クルム・ホテル」「パレス・ルツェルン」といった一流ホテル、そして有名チョコレートブランドの「Sprüngli」でも活躍してきた人物である。

カカオ含有量60%とポリフェノールもたっぷりだが、なんといっても特徴的なのはスイスの山で育つ17種類のハーブを材料に取り入れたこと。3年ほど前に漢方の専門だという一家と出会ったウィドマー氏は、月経困難症に苦しむ女性たち向けのハーブティーが人気であることを知り、「チョコレートでも同じことができるはずだ。薬とは異なり、かつ男性にも楽しめる味で」と数か月かけて試行錯誤を繰り返したという。

ウィドマー氏は同メディアに「これは体と心を両面から落ち着かせ、女性の月経痛の緩和に一役買うことでしょう」と語る。100gあたりのお値段は1,330円とちょっと高めだが、このチョコレートを食べることで“幸せホルモン”と呼ばれる神経伝達物質のセロトニンも増えていくとのことだ。

出典:http://www.20min.ch
(TechinsightJapan編集部 Joy横手)