写真提供:マイナビニュース

写真拡大

ネットワンシステムズのグループ会社であるエクシードは、日本マイクロソフトのクラウドプラットフォーム「Microsoft Azure」の料金支払い代行やAzure向けサイバーリスク保険が無料付帯するサービス「利用料金支払代行サービス for Microsoft Azure」を開始した。

サービスは、Azure利用料金の支払いを同社がとりまとめて代行することで定価よりも安価に提供可能になるほか、プリペイド型と従量課金型など利用目的に応じた料金制度を選べる。また、東京海上日動火災保険と提携したAzureサービス障害時のサイバーリスク保険が無料付帯するなど、クラウドへと邁進できるようになる。

同社は、ネットワンシステムズのグループ会社で以前よりAzure認定資格技術者による設計、構築、運用サービスを提供しており、今回のサービス提供を通じ、クラウドシフトによるユーザーのビジネス拡大を一層支援する構え。

(長岡弥太郎)