日本代表選手の着用スパイクまとめ(2016年11月)

写真拡大

ロシアワールドカップのアジア最終予選、その中でも大事な一戦となるサウジアラビア戦を迎える日本代表。

11日のオマーン戦では4-0の快勝を収めた選手たちが今回の代表戦で着用しているスパイクを調べてみた(※背番号はオマーン戦でのもの)。

1.川島永嗣(GK/メス)

プーマ エヴォパワー 1.3

日本代表スパイク

2016秋モデル

2.丸山祐市(DF/FC東京)

アディダス エース 16.1 LE

日本代表スパイク

「ステラーパック」

3.植田直通(DF/鹿島アントラーズ)

アディダス エックス 15.1 LE

日本代表スパイク

4.本田圭佑(FW/ミラン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 4 JAPAN

日本代表スパイク

5.長友佑都(DF/インテル)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ V

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

6.森重真人(DF/FC東京)

ナイキ ティエンポ レジェンド VI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

7.永木亮太(MF/鹿島アントラーズ)

ミズノ モレリア II

日本代表スパイク

8.原口元気(FW/ヘルタ・ベルリン)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

9.岡崎慎司(FW/レスター)

ミズノ バサラ 101 JAPAN

日本代表スパイク

10.香川真司(MF/ドルトムント)

アディダス エックス 16.1

日本代表スパイク

「ステラーパック」

11.齋藤学(FW/横浜F・マリノス)

アディダス エックス 16.1 LE(※オマーン戦前半)

日本代表スパイク

「スピードオブライトパック」

アディダス アディゼロ F50(※オマーン戦後半)

日本代表スパイク

「サバイバルコレクション」

12.西川周作(GK/浦和レッズ)

ナイキ ティエンポ レジェンド VI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

13.清武弘嗣(MF/セビージャ)

アディダス エース 16.1 プライムニット

日本代表スパイク

「ステラーパック」

14.小林祐希(MF/ヘーレンフェーン)

ナイキ マジスタ オーパス II

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

15.大迫勇也(FW/ケルン)

アシックス メナス 3

日本代表スパイク

16.山口蛍(MF/セレッソ大阪)

ナイキ マジスタ オブラ II

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

17.長谷部誠(MF/フランクフルト)

プーマ エヴォタッチ プロ

日本代表スパイク

「エヴォタッチ」

18.浅野拓磨(FW/シュトゥットガルト)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ V

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

19.酒井宏樹(DF/マルセイユ)

ナイキ マーキュリアル スーパーフライ V

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」

20.槙野智章(DF/浦和レッズ)

アディダス アディゼロ F50

日本代表スパイク

「アディゼロ F50 (2015)」

※左右色違いのスパイクで有名な槙野。クラブ、代表ともに片足の「赤」は固定でそこに最近は「黒」を合わせており、今回の代表戦でも「赤」を左足、「黒」を右足に履いている。

21.酒井高徳(DF/ハンブルガーSV)

アディダス エックス 16.1

日本代表スパイク

「ステラーパック」

22.吉田麻也(DF/サウサンプトン)

ミズノ ウエーブ イグニタス 4 JAPAN

日本代表スパイク

※シューレースを赤に変更。

23.東口順昭(GK/ガンバ大阪)

プーマ エヴォパワー 1.3

日本代表スパイク

「2016秋モデル」

24.井手口陽介(MF/ガンバ大阪)

ナイキ マジスタ オーパス

日本代表着用スパイク

「スパークブリリアンスパック」

25.久保裕也(FW/ヤング・ボーイズ)

ナイキ マーキュリアル ヴェイパー XI

日本代表スパイク

「フラッドライツパック」


今回の招集メンバー25選手をメーカー別に並べると以下の通り。

Nike 10人
adidas 7人
Mizuno 4人
Puma 3人
Asics 1人

今回のトップはNike。何度かお伝えしているようにリオ五輪世代に契約選手が多いため、A代表の若返りとともに順当といえる形でその座に就いた。

サイロ別ではNikeの「マーキュリアル」と「マジスタ」、adidasの「エックス」がそれぞれ4人で最多。ただ、久々出場の齋藤はオマーン戦、後半から『エックス 16.1 LE』に替えて旧モデルの『アディゼロ F50』を着用していた。

齋藤学スパイク

武藤嘉紀、宇佐美貴史が愛用していることでもお馴染みのスパイクだ。3位のMizunoは今回の代表戦から岡崎が新色のレッド×ブラックへ移行している。

そして、オマーン戦で見事な2ゴールを決めた大迫は、Asicsの『メナス 3』を使用!

大迫勇也スパイク

ゴールに直結する素早いプレーをサポートする「メナス」シリーズの最新モデル。鮮やかな赤のカラーが代表のユニフォームにもピッタリだ。サウジアラビア戦でも頼むぞ!