写真提供:マイナビニュース

写真拡大

富士通交通・道路データサービスは、同社が提供する「道路パトロール支援サービス」においてゼンリンの住宅地図が利用可能となる「道路パトロール支援サービス ゼンリン住宅地図対応機能オプション(仮称)」を、2017年4月1日より販売すると発表した。

同サービスは、道路管理者の道路維持管理業務の効率化を目的としたサービスで、ゼンリンの道路地図/市街図レベルのネット配信サービスを組み込み、PC画面の地図上でさまざまな情報を確認できる。

通常、道路管理者は住民からの陳情に迅速に対応するため、建物形状や表札情報が掲載されているゼンリンの住宅地図帳などの詳細な紙面による地図を利用することで正確な位置を特定している。しかし、現状の地図は、個々の住宅の表札情報までは表示されないため、陳情への対応時にその場所の特定が難しいという課題があった。

そこで、道路管理者が道路維持管理業務を行う際に広く利用しているゼンリンの住宅地図帳と同様に、住宅の建物形状や表札情報まで表示される住宅地図のネット配信サービスを同サービスへ組み込むことで、道路管理者の業務効率化に役立つと見込んでいる。

同オプションを利用することで、道路パトロール支援サービスの「対応依頼登録機能」「パトロール情報表示機能」「パトロール報告書作成機能」機能において、住宅地図を表示することが可能になる。これにより、住民からの陳情を受け付け、陳情を基に補修作業などを行い、その結果を作業実績報告書として出力する一連の業務において、住宅地図帳と同様の詳細な地図をPC上で閲覧しながら業務を行える。

今後は、道路パトロール支援サービスの他機能においても住宅地図の組み込みを進めていくとのこと。

(Aries)