中国人カメラマンの楊宝梅(ヤン・バオメイ)が、中国天津市にある胡同の光景をカメラに収めている。

写真拡大

中国の首都・北京で観光客らの人気を集めている「胡同」。胡同とは下町にある古く細い路地のことだ。そこでは庶民の生活を目にすることができる。

【その他の写真】

今回、中国人カメラマンの楊宝梅(ヤン・バオメイ)が紹介するのは出身地・天津にある胡同の光景だ。天津は北京に隣接した直轄市で、工業が盛んなことでも有名。ただ、楊の作品から伝わってくるのは、急速な発展とは対照的なゆったりとした時間の流れだ。楊はこの作品に「胡同で聞く雪の音」とのタイトルを付けている。白い雪に覆われた家々にはどんな音が届いたのだろう。(編集/野谷)

●楊宝梅(ヤン・バオメイ)
1959年、中国天津市に生まれる。カメラマンとしてのキャリアは20年以上。身の回りにいる人々のストーリーをカメラで記録することを好む。作品は雑誌や新聞などでたびたび取り上げられており、全国的な賞の受賞も多数。