写真提供:マイナビニュース

写真拡大

Tooは、サーバーシステム運用支援サービス「あんしんサーバー管理」の提供を11月15日より開始する。

「あんしんサーバー管理」は、システム管理者の負担を軽減するサポートサービス。Tooの技術スタッフがシステム管理者に代って、アカウント管理や設定変更、点検/検査の各作業をリモートで行う。

アカウント管理では、最大300名のユーザーアカウントの管理を行うことが可能。放置されたままの不要なアカウントの削除や、パスワードのこまめな変更にも対応する。設定変更では、人事異動や組織改編など節目節目の共有設定などの変更作業など、日々発生する細かな作業にも対応。Active Directoryサーバーやファイルサーバーなど、役割に応じた設定の変更、またアクセスできるメンバーの変更や共有ポイントの追加など、依頼に応じて作業を行う。

これまでシステム管理者に負担のかかっていたサーバー点検業務をサポートする。月に2回のリモート点検により、バックアップがいつの間にか止まっていた、RAIDディスクが予期せず故障していた、などの不測の事態を発見することが可能。また、リモート点検とは別に、月1回サーバーのコンディション検査を行う。ハードウェアの稼働状況や各種ログ、またストレージリソースの空き容量など、項目別に検査を実施。詳細な定期検査を行うことで、障害を未然に防止する、予防保守を提供し安定稼働をサポートするという。

これらの点検や検査の結果や、管理作業の報告をレポートとして提出する。ストレージリソースの増減やアクセス状況など、サーバーの稼働運用状況の報告や、リモートアクセスの実行履歴や不正なアクセスが行われていなかったかなどの情報も顧客と共有する。

障害発生時には、必要となるメーカーへの問い合わせや修理依頼を顧客に代わって実施。障害アラートの内容により、システム管理者へ状況の報告、また指定されたエスカレーション先へ障害の通報を行い、障害復旧までの管理を行う。

提供価格(税別)は、基本料金が月額2万4000円(サーバー3台・50アカウントまで)、サーバー追加が1台あたり月額8000円、アカウント追加が50単位で月額6000円。最低利用期間は1年間。

(山本明日美)