『テラスハウス アロハステート』ハワイ編の第三回目。

「サーフィンぼっち事件」が勃発である。
オシャレ空間で、オシャレメンバーぞろいで、どうなることかと思いきや、ドロドロしてきましたよ!


家具職人エリック・デ・メンドンサ27歳。
俳優を目指す澁澤侑哉18歳。
Tシャツショップのエビアン・クー26歳。
フランク奈緒美ロレイン23歳。
4人でサーフィンへ行く。
が。
初心者の奈緒美が、海でサーフボードの上であわあわしている映像。
「漂流?」って言われるような状態である。
4人で弁当を食べるときも、どう?って聞かれて、奈緒美はつまんなさそうな表情で「みんながスゴイって思った」と返事。
ほっておかれて、楽しくなかった感じが映像からはひしひしと出ている。
にもかかわらず「明日、朝5時にまたサーフィン行こう!」って盛り上がってる男性陣。
わちゃー。
ちょーオシャレ男子で、舞台はハワイで、アメリカーンな印象だったので、そのへんはジェントルマン&進歩的かと思っていたが、中二の男子レベルで女子の気持ちに鈍感まっしぐらである。
これには、山ちゃんも「楽しいとは言ってないし、“みんなだけでやってたな”ってちょっと言ってんですけどね。バカだから気づかないで握り飯食ってやがってあいつ」と指摘する。
ハワイだろうが、欧米だろうが、ハーフだろうが、男子のダメっぷりは全世界共通なんだなということが露呈した。

仕事も学校もない侑哉と奈緒美が、買い物ついでに、海岸へ寄り道。
カイルアビーチ(Kailua Beach)。
めっちゃめっちゃブルーできれいな海。
ベンチでちょっと話した後。
侑哉「よっしゃ帰るか」
奈緒美「帰る?」
侑哉「飽きたね」
奈緒美「飽きた?」
侑哉「俺はもうとっくにフフフ」
ええええー!
しかも、侑哉「まっ デートじゃねえしこれ」とか言い出すしまつ。
奈緒美「これ何?」に、「遊び、暇つぶし」と答える。
これは、モテるモテない以前のレベルで、失礼の領域では?と思えるほどのダメ応答だ。
女子会では「(侑哉とは今後)なんもないと思うよ。シチュエーションよかったけどね」と言われてしまう。

サーフィンに行ったときのほっておかれた話になって、男子は自分勝手だったよねーと盛り上がる。
そして、ローレン・サイが、「言いたくないんだけど」って前置きして、ええええええーってことを言うのだ。
「言いたくないんだけど サーフィン前の夜にエリックが、奈緒美、行かないほうがい、って言った。楽しくなくなる」
ひどい! そんなんだから彼女できないんだよ! と盛り上がる女子会であった。

男子2人のカブが下がりまくり。

スタジオでも、悠介がモテまくるんじゃないかって話で盛り上がる。
YOU「やだじゃあ4人ってことも考えられるわね」
みんな「4人?」
山ちゃん「はじめてが?」
YOU「4人でピーリングバナナー!」
トリンドル玲奈ちゃんがいないと、エロ話が炸裂しすぎだ。
超美人ローレンが、バイト先の「バナン」(話題のバナナスイーツの店らしい)でバナナをむきまくって「2000本むいた」「ピーリングバナナー!」とか言うておったのである。

ラスト。
ローレン・サイが「ちょっと来てもらえる?」と言って、校庭の裏(的な別室)にエリックを呼び出して、次回に続く!
第三回の前半で、ローレンが描いていた絵は、リアルな鬼だった。これは、「わたしが鬼になって説教するわよ」という予告だったのだろうか。
次回、「ローレン鬼になるの巻」楽しみです!(テキスト米光一成

1:「テラスハウス」ハワイ編。やっぱ楽器ができる男はモテるのかー、モテるよねー
2:「テラスハウス」ハワイ編。超絶美人ローレンの野望「悪魔将軍システム」